再来年より消費税も値上げされ、さらには、所得税の住宅ローン控除も来年いっぱいで終了してしまいます。
このような一般庶民を苦しめて、役人の共済年金は無傷のままという政権が生き延びるかどうかはわかりませんが、今日現在、マイホームを計画しているなら、いわゆるかけこみ需要にのるしかありません。
でも都区内の新築マンション購入や都心1時間圏内の庭付き一戸建てでは、ローンの支払いも不安という方におすすめのエリアがあります。
京王線特急停車駅でもある東京都府中市です。
大国魂神社や府中公園、東京競馬場、多摩川堤、府中の森公園など緑に囲まれ、しかも新宿や渋谷は30分圏内、大手町や日本橋なども45分圏内と通勤にも便利な地です。
とりわけ、東京都区部の住宅地にも匹敵する府中市の学校や病院、商業施設などのインフラの完備度合いは、若年層から壮年期の方まで老若男女を問わず人気の永住地です。
特に、府中駅北側は、閑静な住宅街。
南側のような繁華街やJRA施設があるのと違い、静寂な住環境のよい地です。
そんな府中市で、駆け込み重要に乗っかれる物件が、2013年3月入居開始の新築マンションが住友不動産が販売するル・サンク府中町です。
太陽光発電を取り入れた近代的設備のマンションです。
現在建設中ですから、府中駅からも徒歩9分なので、ご興味ある方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょう。
clickして参考サイトへ