今では、銀行による資金の融資と手形による資金の調達が主流となっています。
手形決済は資金調達の他にも、上場企業間の決済として、ごく普通に今でも使われています。
企業間の決済で使われる手形は、長いもので3カ月といったところですが、一方、資金の融資で使われる手形では決済が1年以上先となっていることが普通なのです。
手形は最初、手形振出人と手形引受人の二者だけで取引が行われました。
その手形本来の仕組みが変わって来ています。
経済の仕組みが、だんだん複雑になるにつれて、手形を有価証券として取り扱う業者が現れました。
現在では、この手形仲介者経由で、手形振出人と手形引受人が結びつくケースが大半です。
(融資)
それだけビジネスが多様化して来たのではないでしょうか。
いずれにしても、手形の所有者がその決済日前に、それを担保にして融資を受ける行為を手形割引と称しています。
手形割引は銀行とノンバンク系列で出来ますが、手数料と融資期間における金利を支払わなければなりません。
手形割引|事業者向けファイナンス事業|事業内容|株式会社 日本保証