北海道の外食産業における食品卸売会社の中でも株式会社いずみホールディングス(代表 泉卓真氏)はトップシェアを確立しています。
現在は全国展開をしており、その名を轟かせているのです。
そんな株式会社いずみホールディングスは現在、「食品流通のOSを作り、新しいインフラで、世界中に豊かさを届ける」という目標を立てています。
これは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

食品流通において、生産者から消費者の手に渡るまで、多くの中間業者の手が加わります。
このような業者の存在はスムーズな流通のために必要だと言われていますが、どうしてもコストや時間がかかってしまうのです。
そのため、株式会社いずみホールディングスでは自前の物流システムを確立して中間業者の存在を最低限に抑えています。

その結果、生産者の所得が増え、消費者には鮮度の高い生鮮食品がお得な値段で手に入るようになったのです。
泉卓真氏のシステムは注目を集めており、新しい日本の食文化の幕開けだという声もあるのです。

泉卓真氏のプロフィールはこちら