これまで株式投資や投資信託で資産運用をしてきたこともあって、初めてビットコインのことを知ったとき、まさに次世代の通貨であり、投資方法だと感じました。
インターネットを介してのトレードは株式投資で経験してきましたし、投資信託では長期投資を柱にしたことによって、さまざまな暴落局面で繰り返される市場の浮き沈みといったものを目の当たりにしてきました。
その点、仮想通貨と呼ばれるだけのことはあってビットコインの取引というのは株式投資や投資信託とは明らかに違うというイメージを持ってしまいます。
言葉や取引の仕組みをまだよく理解していないということも多分に影響していますが、専用の取引所において取引がなされるという点から、小規模という印象を持ってしまうせいかもしれません。
今のところはまだ小規模でも、これから先どんどん取引所が大きくなったり、あるいは数が増えたりする可能性を秘めています。
お金のやり取りにあたって手数料が必要なかったり、スピーディーだったりといった点が魅力的だと考えられている通貨だけに、今後の需要は高まるでしょう。
その時に乗り遅れないよう、早めに取引をしたいという気になっている人は多いのではないでしょうか。
すでに日本国内で稼働しているビットコイン取引所「JBits」には素晴らしいトレードシステムが確立しているようですので、周りが騒ぎ出す前に取引したいと感じています。