日本では、過去に類を見ないほどの資格ブームが到来しています。
昭和の時代のような、学歴至上主義はなくなり、個人の能力が問われる社会になってきています。
その中で、その人の能力を手っ取り早く知ることができるのが資格というわけです。
所有している資格によって、転職が有利になったり、会社で資格手当てが付いたりと、様々なメリットが期待できます。

毎年のように新しい資格が登場しているのですが、中でも特に注目されているのが賃貸不動産経営管理士という資格です。
賃貸不動産経営管理士は、賃貸マンションや賃貸アパートの管理に関する資格です。
従来の賃貸不動産経営管理士資格をアップデートしたような資格になります。

賃貸不動産経営管理士の試験は、年に一回のペースで行われています。
試験の内容は、50問の四肢択一問題になります。
賃貸不動産経営管理士講習を受けることによって、50問の試験内容を45問にすることができます。
試験の難易度はそれほど高くありませんので、通信講座などでも十分の合格を狙うことができます。
ただし、内容がしっかりとしている通信講座を選ばなければいけません。
不動産ココで紹介されているような講座を選んで、効率よく勉強してください。